ドローンの疑問が解決するQ&A

自動操縦できるドローンが普及したら、人間による操縦の需要は減るのではないでしょうか?

質問者 ぱこ
質問タイトル 自動操縦できるドローンが普及したら、人間による操縦の需要は減るのではないでしょうか?
質問本文 「ドローンの操縦技術を学べる」というスクールが増えていますが、
自動操縦できるドローンが普及したら、人間による操縦の需要は減るのではないでしょうか?
そうなると、せっかく技術を学んでも、活かせる場所がないように思えるのですが。
質問カテゴリ 操縦      講習     
 

この質問への回答(1件)

1件目

回答者 朝焼け
回答本文 自動化できるところと、できないところがあると思います。
たとえば、送電線に沿って故障状態をチェックするような単純ルート飛行なら
自動化で問題ないと思います。あとは警備などで同じルートを巡回させる場合なども自動化できるでしょう。
一方で、音楽ライブの空撮、プロモーションビデオなど、人間のセンスが必要とされる飛行は
やはり自動化よりも操縦者が飛ばしたほうがいいと思います。
どの角度から撮ったら格好よく見えるのかとかは、自動化では無理だと思います。
ですから、操縦士として差別化したいなら、ただ「飛ばせます」だけではなく
芸術的なセンスが問われるのではないでしょうか。
あとは、自動飛行するにも、そのためのアプリケーションやドローンのプログラミングが必要だと思うので、
操縦者ではなく開発エンジニアへの需要は増えるかもしれませんね。
添付のYouTube動画は花火を撮影したものですが、いろんなアングルに臨機応変に対応できるのは人間ならではですよね。
 



この質問への回答を、現在受付中です。