ドローンの疑問が解決するQ&A

ドローンを使った「地方の町おこし」とはどういう意味でしょうか?

質問者 すらいむ
質問タイトル ドローンを使った「地方の町おこし」とはどういう意味でしょうか?
質問本文 ドローンを使った「地方の町おこし」とはどういう意味でしょうか?
なぜドローンが地方の活性化につながるのでしょうか?
質問カテゴリ ドローンビジネス      国内     

この質問への回答(1件)

1件目

回答者 ルナティック
回答本文 東京などの都市部は人口密集地域です。人口密集地域でドローンを飛ばすには、
地方航空局長への許可や、関係各所への手続きが必要であり、
個人が自由に空撮などで飛ばせるレベルではありません。
しかし、ドローンを購入した個人の心理としては、
許可とか面倒なので、もっと自由に飛ばして撮影したいと考えるでしょう。
そこで、たとえば四国など、地方は「ドローンを飛ばせる場所」を
町のホームページで公開しています。
http://nakadrone.com/
地方の山とか川とか、人口密集地域ではないので、だれでも自由に
ドローンを飛ばして、きれいな風景を撮影できるわけです。
そうなると、ドローン所有者は撮影目的で地方へ訪れるので
地方の活性化につながるわけです。
その他、ドローンレース(ドローンを飛ばして競い合うレース)を開催するなど
イベントも活発に企画されています。
 



この質問への回答を、現在受付中です。